金融機関を利用しよう|個人企業でも借りれる事業者ローン

銀行のカードローン

男の人のイラスト

銀行で融資を受ける

最近はカードローンでも特に銀行が提供する物に注目が集まっています。これは金利などの影響もあるのですが、一番大きいのは総量規制の関係です。総量規制とは貸金業法に定められている法律で、「年収の三分の一までしか借り入れが出来ない」という物です。この法律は多重債務問題の対策として生まれたのですが、収入が少ない人間の方がカードローンなどを使うことが多いため、利用者としては使いにくくなってしまいました。一方で銀行が提供する銀行カードローンは総量規制の対象になりません。これは総量規制が貸金業法に書かれている為なのですが、結果として銀行カードローンは誰でも使いやすい、という形になりました。その結果人気が出ているのです。

ウェブからの申し込み

この銀行カードローン利用に際しての注意点は適用される金利設定で、少額の融資では最大の利率が適用され、反対に大口融資は低い利率が適用されます。少額の融資を何度も受けますと、全てに高い金利が適用されて総返済額が増加してしまいます。またカードローンの返済は滞らないように銀行の預金残高に注意する事も必要です。延滞が発生しますと延滞金の上乗せに加えて信用低下で今後の融資に銀行側も慎重になるからです。銀行カードローンの利用会社を絞り込むには、インターネットの人気ランキングサイト活用がお勧めです。ここでは多くの方に支持されているサービスがランキング形式で掲載され、また利用者からの口コミ情報も併せて参考に出来ます。