金融機関を利用しよう|個人企業でも借りれる事業者ローン

事業者ローンのメリット

LOANと書かれた紙

事業者ローンは開業や事業の拡大のときに利用するものです。また、銀行などと違い、資金繰りが少し厳しい企業や中小企業や、個人で経営をしている事業主にも多く利用されています。そのメリットはいくつかあります。まず、事業ローンは金融機関に比べて審査にかかる時間が短くて、早いもので一日かかりません。また、事業者ローンは借りるときに保証人が要らず、土地や建物を担保にする必要もありません。そのため、事業者ローンを申し込むときも気軽にできます。つぎが、事業者ローンは事業のために使うのであれば、その用途は問われないことです。そのため、会社の納税のための資金や仕事中のトラブルを対処するためなどに使われています。最後が、事業者ローンは総量規制の対象ではないことです。総量規制は、個人でお金を借りるときに、年収の3分の1ほどで規制が適応されてしまうことです。ですが、事業者ローンはこの総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上の金額でも借り入れをすることができます。しかし、事業者ローンを利用するときには、注意をしないといけないことがいくつかあります。それは金利の高さです。事業者ローンは大手の金融機関や銀行で融資を受けるよりも少し金利が高くなってます。二つ目は、事業者ローンは借りられる金額があまり高くないことです。また、企業の業務規模などによっては限度額のギリギリの金額で借り入れることができない場合があります。そのため、事業者ローンを契約する前に見積もりを出してもらうといいです。

ATMを使う人

ピンチからの脱出

普段からしっかりと貯金ができれば良いのですが簡単にはいかず、また急な出費が必要になることは人生で何度かあるものだと考えられます。その場合、キャッシングサービスを利用するといざという時にお金を借入することができ、ピンチを乗り切ることができるでしょう。

男の人のイラスト

銀行のカードローン

銀行カードローンは貸金業で定められている総量規制の影響を受けないので、最近人気が出ています。その他にも銀行カードローンの特徴として低金利やインフラの良さ、融資の速さなどメリットが多く、最近は非常に人気が出ているといえるでしょう。

カードを持つ人

便利なサービス

即日融資は、申込をしたその日のうちに融資を受けることが出来るというサービスです。このサービスの普及により、以前よりも手軽に短期間でお金を借りることが出来るようになりました。即日融資を受けるためには幾つかの注意点がありますので、気をつけるようにしましょう。